空き家にしないシステム|不動産投資を成功させたいなら必要な情報【プロが行なう投資法とは】
ウーマン

空き家にしないシステム

インテリア

転勤や海外出張の時に便利

家というのは空き家にしておくと劣化が進みます。人が生活することによって家も生きてくるのです。もし転勤や海外出張で家を長期間留守にする場合、リロケーションという方法があります。家を留守にする間、第三者に貸し出すのです。そのためにはリロケーションを扱う不動産会社と契約を結ぶ必要があります。契約を結べば第三者の借り手を不動産会社が探すことになります。その他の管理やトラブルの対処なども全て不動産会社がやってくれるので、安心して家を貸し出すことができます。ただし転勤や海外出張が早く終わった場合は、すぐに家に戻ることはできません。第三者の契約が終了するまで待つことになります。不動産会社とリロケーション契約する時は、その点も考慮することです。

家賃収入をローンに充てる

リロケーションの良いところは、転勤中でも第三者の家賃を住宅ローンの支払いに充てることができる点です。空き家にしておけば家は劣化しますし、住宅ローンも支払い続けることになります。しかしリロケーションを利用すれば、住宅ローンの負担を減らすことができるのです。その他にもリロケーションには、空き巣などの被害から家を守ることができるというメリットがあります。長期間留守にしている家は空き巣に狙われやすくなります。また不審火などの被害を受けることもあります。しかし第三者に住んでもらえば、それらの被害を未然に防ぐことができます。また住宅ローンをすでに支払終えている場合は、家賃収入を貯蓄に回すことができます。このようなメリットがあるので、最近は積極的にリロケーションを利用する人が増えています。